認定薬剤師と専門薬剤師の違い

薬剤師と言っても、業務の分野は多岐にわたります。全ての分野で全てを極めた人は恐らくいないでしょう。特定の分野に特化した人ならいるでしょうが、 全てを極めるというのは難しいことなのです。一通りの資格は持っていた上で、特定の分野にのみ特化した人は、医療現場で必要とさえるようになっています。 医療が高度化してきたことによって、医師だけではなくて薬剤師にも専門的な知識や技術が求められるようになったのです。

認定薬剤師や専門薬剤師と言った制度は、このような医療の高度化に伴って必要とされたものだと言えるでしょう。この二つの違いをもっともわかりやすく解説すると、 専門薬剤師になるための過程として認定薬剤師があります。ですから、まず認定薬剤師になってから、さらに勉強を続けて専門薬剤師になると考えれば良いのです。 一般的な薬剤師のみの資格を持っている人よりも求人の条件は良くなります。

求人を見れば、一般的な薬剤師との違いは明らかです。条件に違いがありすぎます。ですから、なりたいという人はたくさんいます。なりたいのならなることがでいれば良いのですが、 実際にはそうではなくて、非常に大変な事です。薬剤師の資格を取るだけでも大変なのですから、そこでさらに認定を受けるというのは非常に難しいことです。 求人のためだけに取得しておいたほうが良いと言う気軽な考え方では、取得する事は難しいと考えておいたほうが良いです。

認定薬剤師になるためには、まず実務経験が5年以上は必要となります。そして、必要な講習を受けなければなりません。さらに3ヶ月以上の研修を受けなければなりません。 講習を受けると言っても、もちろんのことながら専門的な知識は必要となってきます。通常の業殷業務をしながら学んでいる人もいますが、過酷な毎日を送らなければならないのは言うまでもないことです。 その後に試験に合格することが必要となります。

認定薬剤師になったとしても、業務は通常の業務を行います。通常の業務を行いながら論文を作成したり、それを学会で発表したりということを繰り返して、それが認められることが必要となります。 そして、試験を受けて合格すれば専門薬剤師になることができるのです。専門薬剤師になったとしても、もちろんですが通常の業務を行わなければなりません。 通常の業務を行うとともにしなければならないのが、薬剤師の指導業務です。また、更新制度がありますから、常に勉強をしなければならないのです。